成長したい人を全力で
応援する環境が整っている、
それがJML。
2019年入社 松本本社所属 総務課

永井 良介RYOSUKE NAGAI

JMLを選んだ理由
「これをやり遂げた」と胸を張って言えるものを0から創り上げられる環境

私は中途入社で、以前は電子部品メーカーで工場管理部門に所属していました。
本社が別の拠点にあったため、業務内容も本社からの依頼事項がメインで、0から何かを創り上げて会社を動かすという経験をあまりしてこれなかったんです。
ちょうど入社から10年ほど経って、もっと自分が主体となって企画し、苦労して「やりきった」と誇れる、自分の財産になることをしたいと思っていたときに、「JMLの本社で働いてみないか」と声をかけてもらったんです。面接時に代表の上野から「JMLの10年後の未来を一緒に創ってほしい」と言ってもらえて、私がやりたかった「0から創り上げる」経験をここでなら実現できると思い、入社を決めました。

仕事のやりがい
自分で考えたことを形にできる

私に与えられた最重要課題は「会社を大きくすること」。そのためにはまず、社員の皆さんが働きやすい環境を整えるようにすることが必要だと考えています。JMLは長い歴史があるという素晴らしい一面がある一方、トップダウンで動くという文化が根強く、若手社員は会社に対して改善提案の声をあげにくい空気感があるのか、自主的に考え行動する社員があまり多くないように感じます。やはりその辺りがJMLの課題であると感じています。
その課題に対し「役職者が話を聴いてくれないから‥」で社員を諦めさせるのではなく、本社が先頭に立ちその社員の声を会社に届くような環境にしたり、社内が活性化する施策を打ったりできるのが、やりがいと感じるところです。
今は具体的に、総務課メンバーと役職者以外の社員が「1on1」で面談したり、代表と役職者以外のメンバーがざっくばらんに対話できる「茶話会」のようなことを検討しています。そうした活動を地道に続けていくうちに、いずれは社員ひとりひとりが自ら考え、会社全体、組織全体を俯瞰して見られるようになり、様々な改善を主体的に実行できるようになると私は強く思っています。
こういった企画は実現が難しい会社もあると思いますが、挑戦したい社員を後押ししてくれるのがJMLの魅力でもありますし、「社員・会社のために」必要だということを熱意をもって伝え、信念をもって取り組めば必ず良い結果になると思っています。本社のやり方次第で、会社の状況を良い方向に動かすことができる。プレッシャーももちろん感じますが、それがこの仕事の一番の醍醐味ですね。

未来の仲間へのメッセージ
JMLでは「成長意欲のある人」を応援しています!

成長意欲のある人は、やはり歳がいくつになっても本当に謙虚で素直ですし、周りから学び、自身の足りないところを逃げずに受け入れて努力するところだと私は思います。もちろんそういった「学び続けられる環境」をJMLでは今後積極的に創っていく予定ですし、日々の仕事を通じても、先輩方は気さくに話を聴いてアドバイスしてくれますので、いい意味で先輩方を頼ってどんどん成長して欲しいです!私たちと一緒に、会社を盛り上げていきましょう!

永井 良介さんってこんなヒト!
  • 成長を常に意識している方!
    余暇の時間に読書をし、そこで得た知識を仕事に活かす。一緒に働いていて尊敬できる方です。
    「今までの固定観念に縛られていては、会社の発展にはつながらない」と気付かせてくれました。日々、社員さんの幸せのために何ができるかを考え、奮闘しています。
    氷川 容子

1日の流れ

  • 9:00メール・スケジュール確認

    メールをチェックし、前日の退社後に仕事の依頼などが来ていないか確認します。社員が抱えている問題をできるだけ早く解消するためにも、メールは早めに確認して対応することを心がけています。また、フロア内外の清掃などもこのタイミングで行います。

  • 10:00社内会議

    社内の懸案事項や改善点などについて社長、部長、総務課メンバーで議論します。個人の視点ではなく、会社全体のことを考えて戦略を立てていきます。若手社員も経営に携われる、やりがいを感じられるポイントです。

  • 12:00お昼休み

    気分転換で外食することもあります!

  • 13:00WEB面談・資料作成

    来年度の新卒採用応募者と面談をします。緊張している学生も多い為、真面目な内容を話した後にお互いを知る時間を設けるなどの工夫をしています。また、社会保険関係の書類や、社内会議で使用する資料なども作成していきます。

  • 17:30翌日の予定確認

    翌日の予定を職場内で確認します。仕事量や業務内容によりますが、遅くても19時迄には退社するように心がけています。退社後は、近くにスーパーなどがあるので、買い物をしてから帰ることもあります。